MENU
しゃり
関西弁ボブガール
アパレルに勤める20代。
猫を愛し猫に愛された女。
レモンサワーとハイボールが最近のお気に入り。
好きなブランド→グランマママドーター / ミズイロインド / ユナイテッドトーキョーなど
\ 最大10%ポイントアップセール! /

BRIAN ENO AMBIENT KYOTOへ行ってきた!

  • URLをコピーしました!

アートに触れているか?

BRIAN ENO AMBIENT KYOTOへ行ってきた!

CONTENTS

BRIAN ENO AMBIENT KYOTOとは

その空間のその時にしか体験できない参加型インスタレーション展。

音と光がシンクロしながら途絶えることなく変化し続ける。
イーノのインスタレーション展はその空間のその時にしか体験できないアート。

観客の誰もが違う体験をすることができる参加型の音と光による空間芸術となっています。

展示作品

Miilion Paintings

音×光ーー雨や風のようにその環境の一部となる音楽と途絶えることなく光がシンクロして生み出される空間芸術作品『77ミリオン・ペインティングス』。

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO – About

ソファに座ってゆったり鑑賞。

眼の前の映像がいつの間にか変化し、常に新しい景色を生み出していきます。

まわりのお客さんたちの様子を見つつ、ふと目線を戻すといつの間にか映像が変わってる!

そんなよそ見をする隙を与えない、諸行無常を感じさせる作品です。

映像は全体的に和というか、モダンな雰囲気を感じました!

The Ship

タイタニック号の沈没、第一次世界大戦、そして傲慢さとパラノイアの間を揺れ動き続ける人間をコンセプトの出発点とした作品。音楽、インスタレーション、そして作曲という彼の仕事の主な3つの側面が集約されています。

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO – About

暗闇の中、部屋に設置されたスピーカーからさまざまな音が流れてきます。

ソファに身を預けると、空間全体に包まれる感覚を味わうことができますよ。

Light Boxes

光りながら常に新たな色彩の組み合わせへと変わってゆく、LED技術を駆使した光の作品。

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO – About

壁面に設置されたボックスがネオンカラーに照らされ、光の色の組み合わせがゆっくりと変化していきます。

色彩の美しさをスマホに収めるには無理がありました。。

ぜひみなさんの目で鑑賞していただきたい!

Face to Face

実在する21人の人物の顔をそれぞれ1枚の静止画に収めた小さな写真群から始まりました。特殊なソフトウェアを使い、画像は1つの本物の顔から別の顔へと、ピクセル単位でゆっくりと変化してゆきます。

今回の作品で、わたしのお気に入りはFace to Faceです。
入室した第一印象は「こわっ」でしたが(笑)、徐々に顔が変わり若い女性が気がつけば老人男性へ移ろいでいく様には驚きました。

そして「次はどんな風に変化するのだろう」と、いつの間にか畏怖を感じていた3枚の顔たちに釘付けに!

奇妙、静か、それでいて強烈。とってもインタレスティングな作品です。

概要はこちら

開催期間

2022年6月3日(金)~2022年9月3日(土)

開館時間

平日:11時~21時
土日祝:10時~21時
最終入場は閉館の30分前まで

場所

京都中央信用金庫 旧厚生センター

住所

〒600-8219京都市下京区中居町七条通烏丸西入113

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS